防災訓練と避難袋

全国防災の日を前に、 本校では今日地震を想定した防災訓練を行いました。地震の音が放送で流れると担任の先生たちの素早い指示で机の下にもぐり、自分の身を守りました。その後地震の揺れがおさまった時を見計らい、校庭に避難しました。低学年に進路をゆずりながら、真剣に落ち着いて避難できました。校長先生からは「もしも大地震が起きたら、今日のことを良く思いだして自分の命を自分で守れるように落ち着いて判断して行動しよう。自分に余力があれば、周りの弱い人やお年寄りや小さい子に声をかけ、助けてあげながら一緒に避難しよう。」とお話しがありました。続いて、警戒宣言が出された時を想定して、お家の方への引き渡し訓練も行いました。職員は引き続き、校舎3階に取り替え設置された避難袋の取り扱い説明を受けました。真剣な訓練や日頃の心構えが大切だと再認識した防災訓練でした。
CIMG2495 CIMG2498 CIMG2505