梅の花 開花

学校玄関前ロータリーに、本校のシンボルとも言える立派な梅の木があり、子ども達の成長を見守っていてくれます。子ども達のおじいちゃんおばあちゃんが子どもの時も、同じ場所に同じ姿で立ち、校舎が新校舎に改築された時も、この梅の木はそのままの姿で喬木第二小学校を見守っていてくれました。地域の皆様もとても大切にされている梅の木です。
昨年のこの時期は花がほとんど咲かず、「もしかしたら…??」ととても心配してしまいました。地域の 方からも「大丈夫か?」「樹木医に診てもらったほうがいいんじゃないの」とたくさん声をかけていただきました。専門の方からアドバイスをいただきながら1年が経ちました。
そんな皆様からの応援の気持ちが届いたのか、今年は今までに見たことがないくらたくさんのつぼみをつけてくれた梅の木。開花が始まり、見頃となってきました。子ども達も「きれいだね。」といいながら嬉しそうに登校してきます。19日、6年生が巣立つ卒業式には満開となることでしょう。
DSC01155 DSC01157 DSC01202