投稿者「喬木第2小学校Web管理者」のアーカイブ

11月19日 音楽発表会

一学期に予定していた音楽会を延期して、19日の参観日にあわせて音楽発表会として保護者の皆さんに発表しました。
音楽の授業は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために多くの対策をして取り組んでいます。全校での合唱練習や学級での練習もたくさんの対策と配慮をして、限られた時間の中でできる精一杯の発表をさせていただきました。聞いてくださる保護者の座席も、前後左右の間隔を広く開けて座っていただきました。少し肌寒い時期でしたが、ストーブを炊きながら窓を開け、換気もしました。
このような例年とは違う環境の中でしたが、子どもたちは精いっぱい表現し、とてもいい発表会になりました。このように発表会を大成功で終えられることは、子どもたちの自信につながり、大きな思い出にもなることでしょう。ご来場いただきました保護者のみなさん、来場を遠慮してくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。

新たな学び in Takagi

11月16日に、新たな学び in Takagi の授業公開がありました。喬木中、第一小の先生方をお招きして、全学級でICT機器を使った授業の公開をしました。本校では授業中にICT機器を使うことは特別なことではありません。毎日使っていることですので、とても自然な姿で活用しているところを参観していただきました。上の学年ではみなスムーズに使いこなしています。まだ使い始めて日の浅い1年生も、タブレットを使った自己紹介の作成に、意欲的に取り組みました。タブレットは毎日持ち帰り、家庭での学習に使うことも増えていきます。これからさらに深い学びにつながるように取り組んでいきたいです。

喬木村文化祭

喬木村文化祭が開かれています。
大勢のみなさんの素晴らしい作品が展示されていますが、喬木第二小学校からも、書写作品を出品しました。展示期間は15日日曜日までです。どうぞご覧ください。ちなみに、博物館と福祉センターの二会場で展示発表がありますが、両方見学してスタンプを押してもらい、福祉センターでアンケートに答えると、喬木村グッズがもらえます。秋の週末、喬木村文化祭に行きましょう!

11月8日 資源回収

11月8日(日)喬木村内の小中学校合同での資源回収を行いました。各地区で新聞紙、段ボール、アルミ缶などを回収しました。主に中学生が作業の中心になって働いてくれました。先輩である中学生の働きは素晴らしく、よく気付いて手際よく動いていました。さすが中学生です。保護者のみなさん、回収作業へのご協力ありがとうございました。地域のみなさん、資源を提供していただきありがとうございました。

10月30日 避難訓練

休み時間に避難をする避難訓練を実施しました。素早く真剣に非難することができました。さすがです! 避難集合した後、消火器の使い方を勉強しました。火元に向かって掃くように噴射します。児童の代表が実際にやってみました。本当に使うときが来ないといいのですが、もしもの時はこのように使いましょう。お家でも、火の管理や消火の仕方について話題にできるといいですね。

11月4日 給食に感謝

給食で、まつたけご飯をいただきました!
昨年ほどではありませんが、今年もなかなかマツタケが取れないなか、給食でいただけるなんて感激です! 例年とは異なり、新型異なウイルス感染防止対策で地域の方をお呼びして収穫祭を開くことができず、校内でマツタケご飯を炊くめども立っていない状況にありますので、とてもうれしいです。おいしく炊き上げてくださった給食センターのみなさんありがとうございました!

10月 陶芸教室

地域の方や飯田市美術博物館の先生にご指導いただいている富田焼の陶芸教室が10月に開かれました。実際に粘土をこねながらいろいろなことを教えていただき、学年ごとに作品を制作しました。秋になり、地域の方との交流や学習を少しずつ再開しています。作品はただいま乾燥中。完成が楽しみです。

10月27日 5年生社会見学

5年生の臨海学習が期日と内容を変更し、茅野・諏訪方面への社会見学として10月27日に実施されました。
尖石縄文考古館→諏訪大社上社木落坂→諏訪湖間欠泉センター→オルゴール記念館すわのね→食祭館→御柱館よいさ→万治の石仏→諏訪大社下社春宮→下社木落坂 という行程でした。
飯田下伊那とは異なる諏訪地方の文化に触れ、子どもたちの視野が広がりました。また、地域にも諏訪神社があるので、そのルーツを訪ねることができました。仲良く助け合いながら学習を進めたり活動を楽しんだり、とても充実した一日になりました。

10月21、22日 6年生修学旅行

10月21日、22日に、6年生が修学旅行に行きました。
1日目:白樺湖ファミリーランド、北八ヶ岳ロープウエイ 久米川温泉泊
2日目:そらさんぽ、天竜ライン下り、満蒙開拓平和記念館、ヘブンス園原
1日目は秋晴れのもと、思い切り楽しむことができました。県内各地からの修学旅行団体が訪れていましたが、美しい紅葉の中でアトラクションもふくろうの杜も池も楽しみ、しばし時間を忘れました。
2日目は薄曇りでしたが、気候もよく、下伊那の観光を満喫しました。天竜ライン下りでは下伊那の豊かな自然に思いをはせ、投網で魚も捕まえられました! 満蒙開拓平和記念館では、学習してきたことを実際の資料で再確認し、平和への思いを新たにしました。今話題のヘブンス園原ではリフトを乗り継ぎ、ひんやりとした高原の空気で胸をいっぱいにしました。
東京方面から南信へと目的地を変更しましたが、仲間と協力していい旅行にしようという思いのあふれた旅行で、子どもたちも大きく成長しました。楽しく、有意義な2日間でした!

10月14日 地域に学ぶ

気温もぐっと下がり、朝夕は上着がないと寒いほどです。それでも日中陽が出ると気温も上がり、すごしやすい感じになります。先週は秋の好天をみはからって、低学年が地域の神社を訪れました。秋のすがすがしい空気の中、普段教室では得られないたくさんの発見をしてきました。地域の方との交流がしにくい現状ですが、地域とのつながりは大事にしていきたいです。銀嶺太鼓をはじめ地域の方との活動を、どうしたら安全に配慮して活動できるか検討中です。