月別アーカイブ: 2021年1月

あいさつ運動

児童会の取り組み「あいさつ運動」がはじまりました。例年は昇降口で大きな声であいさつを交わし合うのですが、今年は廊下であいさつを交わす活動をすることになりました。いつも気持ちの良いあいさつができる喬木第二小の子どもたちですが、あいさつ運動で、さらにあいさつのよさや大切さを実感しています。

喬木ドリル

本校では、思考ツールを使ったり、いろいろな教科の問題を解いたりして、思考・判断・表現力を高める「喬木ドリル」に取り組んでいます。子どもたちはタブレットを開いて、問題を解き、説明します。やり方にも慣れ、意見交換も活発になっています。この日は、2、3年生の喬木ドリルの様子をご指導いただく先生に公開して、研究会をもちました。これからも、いろいろな方法で子どもたちの力を高めていきたいと思います。

たこあげ

冬ばれの空の下、1、2年生が作ったたこをあげました。風は冷たい校庭でしたが、日差しは暖かく、子どもたちは夢中になって走り回り、風を捉えて高く上がるたこを見つめて楽しんでいました。たこと同じように、私たちの夢や願いも高く高くあがりますように!

算数研究授業

18日(月)に、4年生で算数の研究授業をしました。先生たちは、子どもたちが学び合いを通して学力を伸ばしていくための研究をしています。分数の計算について、みなで活発に意見交換しながら授業が進みました。先生たちは放課後に、授業を振り返って成果や改善点を話し合いました。4年生のみなさん、ありがとう! 子どもたちも毎日勉強していますが、先生たちも授業力向上のための勉強を続けています。みんなで学力を高めていきたいです。

雪が降って

1月12日は雪が降りました。何年かぶりにこれだけ積もったという話をお聞きしました。子どもたちは大喜びです。早速雪だるまをつくったり、雪玉を投げたりして遊びました。春夏秋冬は巡り、子供たちも成長しています。3学期は新年度を迎える準備の学期です。

楽しく外国語活動

1月8日の外国語活動は「福笑いを英語でやろう」でした。
「外国語」というと、英会話をイメージする人が多いかもしれませんが、学校では、実際に使える実用的な部分を大事にしながらも、英語や外国の文化に親しむことを大事にしています。喬木村では、小学校での学びを中学校につなげる連携の取り組みをしています。外国語・英語に限らず、小中の連携をさらに充実させていきたいです。

3学期始業式

1月7日(木) 3学期始業式が行われ、登校日46日間の3学期がスタートしました。
児童の発表と校長先生のお話は職員室から各教室に配信されて、子どもたちは自分のクラスの教室で始業式に参加しました。この方法は何度も行っているので、子どもたちも慣れてきましたね。学活の後、書初めを展示したり、宿題を提出したりして、冬休みのまとめをしました。健康に気をつけて充実した3学期にしていきたいと思います。