月別アーカイブ: 2020年5月

通常日課で学校再開

 令和2年度が始まり1週間で、再び始まった臨時休業。期間の延長もありましたが、5月19日(火)から5時間授業で、25日(月)からは6時間授業で学校を再開することができました。保護者の皆様には、臨時休業への対応、ご協力、ありがとうございました。

 学校ではこれからも気を緩めることなく、マスクの常時着用、こまめに手洗い・手指消毒、いわゆる「3密」を避けることなど、様々な指導と対策を行っていきます。やっと再開できた“日常”を大切にし、そして、健康で安全で楽しい学校生活がずっと続くように気を配りながら、学習に取り組んでいきます。

各教室では、できるだけ机と机の間隔を空けて授業をしています。

給食前の手洗いと手指消毒は特に入念にやっています。

登校前にドアや蛇口などよく触る場所を丁寧に消毒しています。

机が向かい合っている職員室では、ビニールカーテンで飛沫感染を防いでいます。

5/26(火) 田植え

 今年のお米作りは、小池さんのほか、JA農業支援センターの方々にもご指導いただくことになりました。 

 例年通り、田植えは4~6年生で行いましたが、この日までに、5年生がご指導を受けながら施肥を行い、JAの方には代掻きをしていただき、そして田植えの日を迎えることができました。

 田植え当日は5年生が、事前準備のほか、苗の植え方の説明、植える位置を示すロープ張り、苗がなくなった友だちへの苗運び、そして最後の仕上げ・片付けまで頑張りました。この日は、小池さんのほか、JAと村役場から4名もお手伝いに来てくださり、大変助かりました。ご指導ありがとうございました。

校内ICT活用研修会

 臨時休業中に校内研修を行い、喬木村ICT支援員から、授業に役立つICT機器の活用方法を学びました。本当はもっとじっくりと教わりたいところでしたが、「3密」を避けて、短時間で効率的に行う研修会にしました。子どもたちに負けないように、先生たちも勉強しています!